オリーブジュースカプセル
いつでも休止・解約ができてお得です

オリーブオイル 危険

オリーブオイルについて「危険」という言葉が出て来るのに驚きます。

オリーブオイル 危険」だけ見ると、まるで「オリーブオイルが健康によいと誤解」しているかのような印象さえ受けます。

検索用語に上がってきている真相は不明ですが、(特定の方の意図が反映されるとか一時的な現象であるとか? 分かりません)

オリーブオイルという高品質の食材について、もしも、品質の低いものが流通したり、もしも粗悪な製品が高級食材のように扱われたりしたら、それは問題でしょう。



実際のところ、オリーブオイルといっても大きな枠として2種類に分けられています。

エクストラヴァージンオリーブオイル

 化学的な処理を行わず、ろ過のみを行う。
 酸化の度合いが0.8%以下。
 高品質で優れた風味を保つ。

ピュアオリーブオイル

 実際は精製オリーブオイル(科学的処理を施した原料の低品質のオリーブオイル)を使っている。
 エクストラヴァージンオリーブオイルを加えることで、風味を良くしている。
 普通に「オリーブオイル」と言われるものはこれを指す場合が多い。



・・・ということで、ピュアオリーブオイルといっても、実質的な中身のおいて安心できない場合もあるようです。「精製オリーブオイル」という呼び方をする方がどれくらいいるか分かりませんが、その精製オイルの原料が、食用にふさわしくないような品質の低いものなら・・・・不安にもなります。


というわけで「オリーブオイル 危険」といったフレーズが出ているかもしれません。






しかし、本物の「エクストラヴァージンオリーブオイル」を使えば問題ありません。細かく言うと、エクストラヴァージンオリーブオイルでさえ、何割かは本当にエクストラヴァージンオリーブオイルとはいえないまがい物が流通していると言われます。

そのネックとなっているのは、日本では表示について法的な規制がないということ。

そもそも日本はオリーブオイルの産地ではないため国際オリーブ協会に加盟しておらず、その基準に沿う義務もないからです。

なので日本の消費者はしっかりとした選別眼で、ほんもののオリーブオイルを見分けるしかないでしょう。

光を通すようなブラスチック製は、特別な対応済みの容器でない限り信頼できません。また、あまりに「安い」を謳い文句にしている商品も安心しては使えません。

つまり、大雑把に言うとそれなりの高価なオリーブオイルである必要がありそうです。


高価なオリーブオイルから厳選したオリーブカプセルが「オリーブジュースカプセル」です。オリーブジュースカプセルは他の「オリーブカプセル」と何が違うのかにもありますが、高価な(高品質な)ものには、それだけの厳密な理由があります。




もしも、言葉は悪いですがスーパーで安売りされているようなオリーブオイルから、オリーブカプセルが作られているなら、それも安価なはずです。

しかし、高品質にこだわると、そのエッセンスを集めたオリーブジュースカプセルは・・・

ということで、詳細はこちらから 

 公式サイト ⇒ オリーブジュースカプセル




いつでも休止・解約ができるユニークでお得な「オリーブ」はこちらから
オリーブジュースカプセル